金澤銅器会社製 象嵌 双耳花瓶

金澤銅器会社製 象嵌 双耳花瓶1面

金澤銅器会社(かなざわどうきかいしゃ)製 象嵌(ぞうがん) 双耳花瓶(そうじかびん)です。

当時(明治時代)、会社組織として作品を作るようになり、その代表が「起立工商会社(きりつこうしょうかいしゃ)」と「金澤銅器会社」で輸出目的のため日本にはほとんど残ってない。
江戸の技法を新たな造形(ぞうけい)・文様装飾(もんようしょうしょく)に展開していた一連の作品群です。
明治15年~25年まで続きました。

<サイズ> 径12.7㎝×10.0㎝ 高24.8㎝