駒井清兵衛 鉄地象嵌名所図小箪笥

駒井清兵衛 鉄地象嵌名所図小箪笥①

駒井清兵衛(こまいせいべえ)作 鉄地象嵌(てつじぞうがん)名所図小箪笥(めいしょず こだんす)でございます。

駒井は金工作品・布目象嵌で有名な京都の工房で、駒井清兵衛は二代目駒井音次郎です。
駒井作品は明治期の海外博覧会で人気を博し、作品の多くは輸出されており国内には殆ど残っていない希少な作品となります。

手のひらに乗る程の小さな箪笥の正面引出には富士山・縁起物・鶴など、側面には知恩院、清水寺
背面には金閣寺と名所図が超絶技巧と言われる再現が困難な技、金象嵌で細緻に描かれています。
ため息が出るほど華麗な逸品です。

<サイズ> 6.7㎝×4.8㎝ 高さ7.3㎝