高玉斎一久 象嵌草花昆虫図花瓶

高玉斎一久象嵌草花昆虫図花瓶

高玉斎一久(こうぎょくさい かずひさ) 象嵌(ぞうがん)草花昆虫図花瓶でございます。

高玉斎一久は江戸後期の異種金属の接合や高肉象嵌・高肉彫り等の高い技術とすぐれた表現力を持った刀装金工(とうそうきんこう)であったことは確かですが、詳細は不明です。
主に輸出向けに作品を製作していたのか、国内ではその作品をあまり見ることはありません。

本作品は銅地に草花と昆虫を金、銀、赤銅、四分一等の象嵌と高肉彫などで描かれています。
花瓶中央部に金象嵌で描かれた昆虫はショウリョウバッタでしょう、実にリアルで今にも動きそうな出来映えです。

落ち着いた日本らしいモチーフの作品です。

<サイズ> 8.0㎝×8.0㎝ 高さ16.5㎝