~明治・大正・昭和の名工~ 桂 光春(かつらみつはる)

「光春(みつはる)」

生没

明治4年(1871年)~昭和37年(1962年)
東京葛飾生まれ

略歴

明治15年(1882年) 二代豊川光長に入門、彫金を学ぶ
明治28年 東京彫工会展で受賞
明治30年 独立
明治43年 英国皇帝載冠式で皇室献上の銀製金象嵌大花盛器の鳳凰図を制作
大正 3年 日本美術協会、東京牌工会、日本金工協会の審査員、鑑査主任を務める
大正13年 パリ万国博覧会に掛額「元禄踊の図」「游鯉の図」出品
昭和 4年 昭和4年帝国美術院推薦
昭和 5年 ベルギーでのリエージュ万国産業博覧会に飾皿出品、大賞牌受賞
昭和 8年 シカゴ万国博覧会に銀製宝石箱を出品、受賞
昭和11年 オランダ女王への献上品(在日オランダ人一同依頼品)「朧銀花瓶渓山幽煙の図」制作

 

桂光春作品の一例

桂光春 蟹図花瓶

桂光春 蟹図花瓶